商品や提供するサービスの価格を設定

商品や提供するサービスの価格を設定

また、売上高はつい多く心積もりがちですが、最悪の状況を想定して見積もってください。収益については、水物や提供するサービスの価格(単価)を具体金的に設定し、1月分の売上高を計算します。

売上高の計算は、「どうも」や「直感」で計算するのではなく、客観準的な根拠や基準が要用になります。商売で入ってくるお金(入ってくるべきお金)と出ていくお金を、事前の段階で具体狙いに検討して、商売が採算に即応かどんなふうにかを検討する必需があるわけです。

これで、1ヵ月当たりの入ってくるお金と出ていくお金がわかったわけですから、売上高から経費を差し引けば、それがあなたの商売の一挙両得予測となります。特立起業の謂われはさまざまですが、偉業を起業極み、その偉業が儲けを生まないと語意はありません。

支払いについては、1月分いくら経費がかかるかを細かく見積もっていきます。出ていくお金には変動費と定置費があります。

ですから、収支計画は業務計画のなかでも切っての大事な作業といえます。こちらは売上高とは逆に、想定できる区間で最大に予測します。

仕事にかかるコストと収益をふまえて、どれだけの薄利が出せるのかを巡らすのが、収支計画です。