変動費と固定費に分けられる

変動費と固定費に分けられる

起業する際に入り用な資金は、「取り付ける資金」と「運転資金」があります。また、忘れがちなのが自己の生活費です。

つまり資金計画が欠かせません。売上がないからといって、時給で雇っているサイドワークの賃金を支払わないわけにはいきません。

造作資金は創革するときに入り用になるお金です。不動産の購入食費、店舗、事務所を賃借する際の敷金、礼金、保証硬貨などの初期掛かり、改装経費、装備、什器備品等の購入出費など。

開店今後には、売上やそれに繋がる入金がなくても、全然月々支払わなければいけないお金が発生します。社長である己の給金をどれぐらいにするか、これらについては事前にたっぷりに見積もっておく必需があります。

要用経費はさらに、「変動費」と「鎮座費」に区分けことができます。変動費は売上に比例して発生する経費で、雑貨や素などの仕入本代などがこれに当たります。

作り付け費は売上に行き掛かりなく月毎発生する経費で、店舗、事務所の家賃やダイヤル式御代、水道光熱費、人件費、消耗品在位中などです。運転資金は開帳今後に実際に業を運営していく際に必需となるお金、いわゆる要する経費です。

気をつけなければいけないのが作り付け費の金額です。起業して実際に業を起こすためには、お金がどのくらい必需でそれを如何にやって調達するのかを卑見ていかなければなりません。

サラリーマン年代のように、月毎決まって賃金が振り込まれるわけではありません。